静岡ブルーレヴズ|SHIZUOKA BlueRevs

静岡県を拠点に活動するプロフェッショナルラグビークラブ「静岡ブルーレヴズ/SHIZUOKA BlueRevs(旧:ヤマハ発動機ジュビロ)」の公式noteアカウントです。新たな挑戦とともに静岡から、心躍る最高の感動を世界へと届けていきます!

静岡ブルーレヴズ|SHIZUOKA BlueRevs

静岡県を拠点に活動するプロフェッショナルラグビークラブ「静岡ブルーレヴズ/SHIZUOKA BlueRevs(旧:ヤマハ発動機ジュビロ)」の公式noteアカウントです。新たな挑戦とともに静岡から、心躍る最高の感動を世界へと届けていきます!

マガジン

  • オフィシャルライター │ 大友信彦マガジン

    2022-2023シーズンクラブオフィシャルライターを務める大友信彦さんによるマガジン。各種試合の観戦記や、選手スタッフインタビューなど「静岡ブルーレヴズ」の魅力を最大限に表現します。月4-6ペースで更新されます。 ー大友信彦(おおとも・のぶひこ) 1962年宮城県気仙沼市生まれ。 1985年からフリーランスのスポーツライターとして活動。 『東京中日スポーツ』『Number』『ラグビーマガジン』などで取材・執筆。 WEBマガジン『RUGBYJapan365』スーパーバイザー。 ラグビーは1985年から、W杯は1991年大会から2019年大会まで8大会連続全期間を取材。ヤマハ発動機については創部間もない1990年から全国社会人大会、トップリーグ、リーグワンの静岡ブルーレヴズを通じて取材。ヤマハ発動機ジュビロのレジェンドを紹介した『奇跡のラグビーマン村田亙』『五郎丸歩・不動の魂』の著者。

  • 選手が綴る~日野剛志がみるブルーレヴズ

    選手が自ら想いを綴るコンテンツ。現役選手の「日野剛志」の心の内を公開していきます。温かく見守っていただけますと幸いです。※不定期更新※

  • 今之浦スタッフだより

    今之浦オフィスに務める静岡ブルーレヴズ社員・スタッフの発信マガジンです。各担当がそれぞれの仕事に対する想いやコンセプトを紹介していきます!

  • 山谷 拓志(やまや たかし)|静岡ブルーレヴズ 代表

    • 7本

    代表取締役社長 山谷拓志のアカウントにて投稿している記事をまとめています!

  • 静岡ブルーレヴズ選手リクルート事務局

    静岡ブルーレヴズ選手リクルート事務局アカウントの記事をまとめています!

最近の記事

ゼロに抑えた、大きく、熱い、今季初勝利!~大友信彦観戦記 1/29 リーグワン2022-23 Div.1 R06 vs.NECグリーンロケッツ東葛戦 ~

Text by 大友 信彦(静岡ブルーレヴズ オフィシャルライター) Photo by 静岡ブルーレヴズ / 谷本 結利(静岡ブルーレヴズ オフィシャルフォトグラファー) 1月29日、北風の吹き付けるヤマハスタジアムで、歓喜の輪ができた。 今季6戦目で、静岡ブルーレヴズは、リーグワン2年目の初勝利をあげた。 寒風の吹き付ける中、応援の拍手を贈り続けたレヴニスタの前で、ブルーレヴズは確かな一歩が刻まれた。 第6節から、リーグワンは反対側カンファレンスとの「交流戦」に入った。

    • お待たせしました!

      遂に、遂に、待ちに待ったその瞬間がやってきた。 ノーサイドの笛と共にヤマハスタジアムが歓喜に包まれた。 レヴニスタの皆さん、サポートしてくださるスポンサーにフロントスタッフやレヴズクルーをはじめとする関係者の方々、そしていつも近くで支えてくれるコーチ陣にノンメンバー含め全員で勝ち取った今シーズン初勝利。 タイトルにもなっていますがあらためて声を大にして皆さんに言いたい。 「お待たせしました!!」 私自身、今シーズン全試合に出場してきましたが選ばれたメンバーとしての責

      • あと一歩、足りないのは何か。~大友信彦観戦記 1/22 リーグワン2022-23 Div.1 R05 vs.三菱重工相模原ダイナボアーズ戦 ~

        Text by 大友 信彦(静岡ブルーレヴズ オフィシャルライター) Photo by 静岡ブルーレヴズ / 谷本 結利(静岡ブルーレヴズ オフィシャルフォトグラファー) タイムアップのホーンが鳴ったあと、勝ち越しを狙ったダイナボアーズSOシルコックのコンバージョンキックは外れた。 うずくまるシルコックに、真っ先に歩み寄り、健闘をねぎらったのはブルーレヴズのクワッガ・スミス主将だった。そのあとを追うように、ダイナボアーズの選手たちがキッカーのもとへと駆け寄った。 ブルーレ

        • スポーツボランティアを通じて「革新と情熱で、心躍る最高の感動をつくりだす」

          皆さん、こんにちは。 Revs Crew運営事務局を務めます 佐藤洋平(さとうようへい) と申します。日頃より静岡ブルーレヴズの活動に対しご支援ご声援を賜りまして誠にありがとうございます。 今回「今之浦スタッフだより」にて掲載機会を頂けるということで、クラブ公式ボランティア「Revs Crew(レヴズクルー)」を設立するに至ったストーリーや経緯、今後の展望についてご紹介できればと思います。(ちょっと長くなりそうです) Revs Crew設立に至るまで(僕の略歴も含む)

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • オフィシャルライター │ 大友信彦マガジン
          静岡ブルーレヴズ|SHIZUOKA BlueRevs
        • 選手が綴る~日野剛志がみるブルーレヴズ
          静岡ブルーレヴズ|SHIZUOKA BlueRevs
        • 今之浦スタッフだより
          静岡ブルーレヴズ|SHIZUOKA BlueRevs
        • 山谷 拓志(やまや たかし)|静岡ブルーレヴズ 代表
          静岡ブルーレヴズ|SHIZUOKA BlueRevs 他
        • 静岡ブルーレヴズ選手リクルート事務局
          静岡ブルーレヴズ|SHIZUOKA BlueRevs

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          どんなに泥だらけになっても、止まない雨は無い。~大友信彦観戦記 1/15 リーグワン2022-23 Div.1 R04 vs.リコーブラックラムズ東京戦 ~

          Text by 大友 信彦(静岡ブルーレヴズ オフィシャルライター) Photo by 静岡ブルーレヴズ / 谷本 結利(静岡ブルーレヴズ オフィシャルフォトグラファー) 1月15日。静岡ブルーレヴズはヤマハスタジアムにブラックラムズ東京を迎えた。2023年最初のホームゲーム。そこには重要な使命があった。リーグワン2年目、チームが誕生して2年目のシーズン、静岡ブルーレヴズはいまだ勝利をあげられていなかった。 今節こそ勝利を。青いジャージーを来た誰もがその思いでピッチに立った

        • スタッド・トゥールーザン訪問記

          昨年(2022年)11月30日に発表致しました通り、静岡ブルーレヴズはフランス1部リーグTOP14に所属する「スタッド・トゥールーザン」と2019年に結んだパートナーシップ協定を再締結しました。 スタッド・トゥールーザンは1907年に創設され、フランス選手権優勝21回、ヨーロピアンチャンピオンズカップ優勝5回(いずれも史上最多)を誇る強豪クラブ。2019年には日野剛志選手が所属しプレーしていました。 このパートナーシップ協定を再締結するために2022年11月5月から3日間

          チャンスを得点に結びつける遂行力を磨くのみ。~大友信彦観戦記 1/7 リーグワン2022-23 Div.1 R03 vs.東芝ブレイブルーパス東京戦 ~

          Text by 大友 信彦(静岡ブルーレヴズ オフィシャルライター) Photo by 静岡ブルーレヴズ / 谷本 結利(静岡ブルーレヴズ オフィシャルフォトグラファー) 2023年1月7日。静岡ブルーレヴズにとって新年最初の試合は、神奈川・等々力陸上競技場での東芝ブレイブルーパス東京戦とのビジターゲームだった。 Jリーグ・川崎フロンターレのホームスタジアムとして知られる等々力陸上競技場で、旧トップリーグ~現リーグワンの公式戦が行われるのは初めて。 だが実は、Jリーグ仕様に

          2023の幕開け

          皆様あけましておめでとうございます。 新年最初の投稿になります。 今年も"日野剛志がみるブルーレヴズ"を どうぞよろしくお願いします。 そして早いものでリーグワンが開幕して既に2試合を消化しました。 クリスマスに行われたホストゲーム初戦にはたくさんの観客の方にお越し頂き本当にありがとうございました。 結果は残念でしたが、たくさんの観客、大漁旗、高鳴るバイクのエンジン音、日本のスポーツ会場として唯一無二の場所であるヤマハスタジアムでプレーできたことは1選手として最高の喜びで

        • 2023新年のご挨拶~公式よりも長文バージョンです!

          新年あけましておめでとうございます! クラブの公式サイトでも新年のご挨拶を掲載しておりますが、こちらnoteでは少し長文バージョンでご挨拶をさせていただきたいと思います。 いつも熱い応援で選手達を後押しいただくレヴニスタの皆様、日頃よりサポートをいただいておりますスポンサー、サプライヤー、メディア、自治体、静岡県ラグビーフットボール協会やリーグワンの関係者の皆様、旧年中は本当に多くのご声援、ご支援、ご協力を賜り誠にありがとうございました。 お陰様をもちましてヤマハ発動機ジ

          クワッガ・スミスは、自分を信じてそのバトルに突き進んでいく。【インタビュー】

          Text by 大友 信彦(静岡ブルーレヴズ オフィシャルライター) Photograph by 静岡ブルーレヴズ、谷本結利 インタビュー:2022年12月20日 12月17日、2年目のリーグワンが開幕した。 静岡ブルーレヴズは愛知県の豊田スタジアムで、トヨタヴェルブリッツと対戦。残念ながら26-31で敗れたが、ラスト10分に2トライをあげて追い上げ、勝ち点1をあげた。その最後のトライを決めたのが、今季共同主将を務めるNo8クワッガ・スミスだった。昨季、チーム最多の9トライ

          9,443人のレヴニスタと共に戦ったクリスマス。~大友信彦観戦記 12/25 リーグワン2022-23 Div.1 R02 vs.埼玉パナソニックワイルドナイツ戦 ~

          Text by 大友 信彦(静岡ブルーレヴズ オフィシャルライター) Photo by 静岡ブルーレヴズ / 谷本 結利(静岡ブルーレヴズ オフィシャルフォトグラファー) 12月25日、静岡ブルーレヴズはリーグワン2年目の2戦目、そして待ちに待ったホーム開幕戦の日を迎えた。 本拠地ヤマハスタジアムに迎えたのは埼玉パナソニックワイルドナイツ。昨季のリーグワン初代チャンピオンであり、トップリーグ最後のシーズンとなった2021年のチャンピオンでもある。2018年12月のトップリー

          「満員のスタジアム」「リーグワン唯一無二」チケットマーケティングチームの信念とは。

          ラグビーファンの皆さま、レヴニスタの皆さま、地域の皆さま、こんにちは。静岡ブルーレヴズでチケット・マーケティングチームリーダーを担っております  薄隅 雄樹(ウスズミ ユウキ) と申します。画数多めの呼びにくい名前ですので、スタジアムや磐田のスーパーで見かけたら「ズミ(さん)」と呼んでいただければと思います。会社では「ズー」や「ズミちゃん」「隊長」などと呼ばれております。 自己紹介から簡単に IT企業に就職し、営業担当を8年間やり、 色々あって、Jリーグクラブのチケッ

          悔しさから学び、成長し、強くなる。リーグは始まったばかり。~大友信彦観戦記 12/17 リーグワン2022-23 Div.1 R01 vs.トヨタヴェルブリッツ戦 ~

          Text by 大友 信彦(静岡ブルーレヴズ オフィシャルライター) Photo by 静岡ブルーレヴズ / 谷本 結利(静岡ブルーレヴズ オフィシャルフォトグラファー) 12月17日、静岡ブルーレヴズはリーグワン2年目の開幕戦に臨んだ。相手はトヨタヴェルブリッツ。会場は愛知県の豊田スタジアム。同じ東海地区に本拠地を置き「東海ダービー」と呼ばれるライバル対決だが、それだけではない。昨季も両チームは開幕節に激突するはずだったのだが、ブルーレヴズにコロナ感染者が出たことで試合は

          どんなブサイクな試合でもいい、1点差でいいから勝ちたい。泥臭く戦いたい。【インタビュー 日野剛志】

          Text by 大友 信彦(静岡ブルーレヴズ オフィシャルライター) Photograph by 静岡ブルーレヴズ、谷本結利 インタビュー:2022年12月13日 いよいよリーグワン開幕が目前に迫った。15日には開幕戦となる17日のトヨタヴェルブリッツ戦の登録メンバーも発表された。 開幕を前に、チームには頼もしい選手たちが続々と帰ってきた。日本代表の欧州遠征から帰国したHO日野剛志、LO大戸裕矢、そして南アフリカ代表の欧州遠征から合流したのが共同キャプテンのクワッガ・スミ

          日本一になるために積み重ねてきたもの。【プレシーズン期映像まとめ】

          2022-2023シーズンのプレシーズン期が7月よりスタートし、早6か月。 ついに12月17日(土)にNTTジャパンラグビー リーグワンの開幕を迎えます。 日本一を目指し、どのチームよりもハードなトレーニングを重ね、どのチームよりもコミュニケーションを取って、積み重ねてきたこの6か月の映像をまとめました! 【7月14日 2022-2023新体制発表記者会見】 【7月1st Phase 新体制発表記者会見~菅平/FW清水キャンプ】short ver. 【7月1st Ph

          プレシーズン期の集大成。リーグワン開幕はもう目の前。~大友信彦観戦記 12/4 vs.花園近鉄ライナーズ戦 ~

          Text by 大友 信彦(静岡ブルーレヴズ オフィシャルライター) Photo by 谷本 結利(静岡ブルーレヴズ オフィシャルフォトグラファー) 12月4日、静岡ブルーレヴズは花園近鉄ライナーズとプレシーズンマッチを行なった。 会場は東大阪市の花園ラグビー場。ブルーレヴズのほとんどの選手にとっては高校時代に目指した憧れの場所であり、今季リーグワンに昇格してきた花園近鉄ライナーズとは今季の第7節、来る2月5日に公式戦を行う会場でもある。 そして、これは開幕前最後のプレシ