静岡ブルーレヴズ|SHIZUOKA BlueRevs

静岡県を拠点に活動するプロフェッショナルラグビークラブ「静岡ブルーレヴズ/SHIZUO…

静岡ブルーレヴズ|SHIZUOKA BlueRevs

静岡県を拠点に活動するプロフェッショナルラグビークラブ「静岡ブルーレヴズ/SHIZUOKA BlueRevs(旧:ヤマハ発動機ジュビロ)」の公式noteアカウントです。新たな挑戦とともに静岡から、心躍る最高の感動を世界へと届けていきます!

マガジン

  • オフィシャルライター │ 大友信彦マガジン

    2022-2023シーズンクラブオフィシャルライターを務める大友信彦さんによるマガジン。各種試合の観戦記や、選手スタッフインタビューなど「静岡ブルーレヴズ」の魅力を最大限に表現します。月4-6ペースで更新されます。 ー大友信彦(おおとも・のぶひこ) 1962年宮城県気仙沼市生まれ。 1985年からフリーランスのスポーツライターとして活動。 『東京中日スポーツ』『Number』『ラグビーマガジン』などで取材・執筆。 WEBマガジン『RUGBYJapan365』スーパーバイザー。 ラグビーは1985年から、W杯は1991年大会から2019年大会まで8大会連続全期間を取材。ヤマハ発動機については創部間もない1990年から全国社会人大会、トップリーグ、リーグワンの静岡ブルーレヴズを通じて取材。ヤマハ発動機ジュビロのレジェンドを紹介した『奇跡のラグビーマン村田亙』『五郎丸歩・不動の魂』の著者。

  • 選手が綴る~日野剛志がみるブルーレヴズ

    選手が自ら想いを綴るコンテンツ。現役選手の「日野剛志」の心の内を公開していきます。温かく見守っていただけますと幸いです。※不定期更新※

  • 今之浦スタッフだより

    今之浦オフィスに務める静岡ブルーレヴズ社員・スタッフの発信マガジンです。各担当がそれぞれの仕事に対する想いやコンセプトを紹介していきます!

  • 山谷 拓志(やまや たかし)|静岡ブルーレヴズ 代表

    • 7本

    代表取締役社長 山谷拓志のアカウントにて投稿している記事をまとめています!

  • 静岡ブルーレヴズ選手リクルート事務局

    静岡ブルーレヴズ選手リクルート事務局アカウントの記事をまとめています!

オフィシャルライター │ 大友信彦マガジン

2022-2023シーズンクラブオフィシャルライターを務める大友信彦さんによるマガジン。各種試合の観戦記や、選手スタッフインタビューなど「静岡ブルーレヴズ」の魅力を最大限に表現します。月4-6ペースで更新されます。 ー大友信彦(おおとも・のぶひこ) 1962年宮城県気仙沼市生まれ。 1985年からフリーランスのスポーツライターとして活動。 『東京中日スポーツ』『Number』『ラグビーマガジン』などで取材・執筆。 WEBマガジン『RUGBYJapan365』スーパーバイザー。 ラグビーは1985年から、W杯は1991年大会から2019年大会まで8大会連続全期間を取材。ヤマハ発動機については創部間もない1990年から全国社会人大会、トップリーグ、リーグワンの静岡ブルーレヴズを通じて取材。ヤマハ発動機ジュビロのレジェンドを紹介した『奇跡のラグビーマン村田亙』『五郎丸歩・不動の魂』の著者。

すべて見る

悔やみ始めたらキリがないが、この1敗で何かが終わったわけではない。~大友信彦観戦記 2/24 リーグワン2023-24 D1 R7 三菱重工相模原ダイナボアーズ戦 ~

Text by 大友信彦(静岡ブルーレヴズオフィシャルライター) Photo by 静岡ブルーレヴズ /谷本 結利(静岡ブルーレヴズ オフィシャルフォトグラファー) 2月24日(土)、リーグワンが再開した。 地元ヤマスタで花園ライナーズに大勝して5位に上昇してから4週間。昨季の上位4チームがクロスボーダーラグビーを戦う間、別府で強化合宿を行うなどリフレッシュとブラッシュアップに務めてきたブルーレヴズが、目標に掲げる4強入りに挑む後半戦最初の試合の相手は三菱重工相模原ダイナボ

スキ
23

五郎丸歩「ラグビーって気持ちいいな」新たな歴史を刻む二試合を3月2日(土)に同日開催!

Text by 大友信彦(静岡ブルーレヴズオフィシャルライター) Photo by 静岡ブルーレヴズ /谷本 結利(静岡ブルーレヴズ オフィシャルフォトグラファー) メインのゲームに負けないくらい魅力的だ。 3月2日(土)、ヤマハスタジアムで行われるリーグワン第8節、埼玉ワイルドナイツ戦に先立ち行われる 「クラブ創立40周年記念マッチ ヤマハ発動機ジュビロOBvsワイルドナイツOB」のことだ。 ヤマハ発動機ジュビロOBには先発メンバーに日本代表で活躍したPR髙木重保さん

スキ
28

山口楓斗 小さな身体に秘められた脅威のパワー。ディフェンス突破と個人トライで1位を取る!【インタビュー】

Text by 大友信彦(静岡ブルーレヴズオフィシャルライター) Photo by 静岡ブルーレヴズ /谷本 結利(静岡ブルーレヴズ オフィシャルフォトグラファー) クロスボーダーラグビーの開催でシーズンの真ん中にぽっかり穴があいた今シーズン。クロスボーダーラグビーに出場しないチームのファンにとってはちょっとさみしい時間でもあったが……レヴニスタには密かな楽しみがあったはずだ。それはリーグワンの公式HPを覗くこと。「個人ランキング」の「その他」の項目を覗くと、「ボールキャリ

スキ
33

進化の証明!過去最高の5位浮上!~大友信彦観戦記 1/27 リーグワン2023-24 D1 R6 花園近鉄ライナーズ戦 ~

Text by 大友信彦(静岡ブルーレヴズオフィシャルライター) Photo by 静岡ブルーレヴズ /谷本 結利(静岡ブルーレヴズ オフィシャルフォトグラファー) 1月27日。ブルーレヴズは本拠地ヤマハスタジアムに花園ライナーズを迎えた。終了直前までリードを奪いながらラストプレーで逆転負けを喫したサンゴリアス戦から2週間。ブルーレヴズに、再びホームのヤマハスタジアムでの試合がやってきた。これもスケジュールの巡り合わせ。レヴズにとっては、2週前の悔しい逆転負けを払拭する、レ

スキ
37

選手が綴る~日野剛志がみるブルーレヴズ

選手が自ら想いを綴るコンテンツ。現役選手の「日野剛志」の心の内を公開していきます。温かく見守っていただけますと幸いです。※不定期更新※

すべて見る

選手が教える観戦ポイント!【保存版】

こんにちは!日野剛志です! 今回はホスト開幕前特別企画として選手目線での試合の見方、楽しみ方をお伝えしたいと思います。 これをチェックして試合を見に行けばさらに楽しめること間違いなし! みんなで盛り上がって選手と一緒に戦いましょう! ラグビーを1人で楽しむ方、友達や家族とこられる方、ワイワイしながらみたり、試合中は集中してみる方など楽しみ方は人それぞれあると思います。そこでまず初めに、ラグビーのルールやチケットの買い方がわからない方向けにブルーレヴズ特製のラグビー解説「ラグ

スキ
82

今シーズンもやります!ラグビー選手が綴るnote

皆さん! noteに日野剛志が帰ってきましたよ! 昨シーズン初めてやらせてもらったブルーレヴズ公式noteでの企画 選手が綴る〜日野剛志がみるブルーレヴズ〜 今シーズンも書かせてもらえることになりました。 こうやって戻ってこれたのも読んでくれる皆さんのおかげですね。 本当にありがとうございます🙏 そして今シーズンもよろしくお願いします! こちらのnoteを知らない方もいらっしゃると思うので簡単にご説明すると、静岡ブルーレヴズに所属するわたくし日野剛志が選手目線ならでの意

スキ
96

シーズン終了のご挨拶 〜終わりの始まり〜

皆さんこんにちは! タイトルの通り、静岡ブルーレヴズのシーズンが4月23日に終了しました。 レヴニスタをはじめとするファンの皆様、スポンサーの皆様のご支援があったからこそ走り抜けることができました。 本当にありがとうございました!! 最終戦のあの風景は自分のラグビー人生でも忘れられない思い出です。 またホストゲームの開催や斬新なチケット、多彩なグッズ、SNS発信、スポンサー獲得やラグビー普及などあげればキリがない業務をハードワークをしていつも支えてくれた事業部の方々にもこの

スキ
177

あとふたつ。

前節のワイルドナイツ戦 正直、勝つ予感がありました。 なんて言うと後付けだろと怒られそうですが、口には出さずとも心の中で思ってたんです。本当に。 もちろん相手は首位に立ち、多少メンバーが変わろうとも誰が出てもパフォーマンスが高く一貫性のあるチーム。 でもなぜかいつも接戦になることが多い相手 そして予報は雨でセットプレーが多くなる 自分達は今シーズン雨の試合を多く経験済み 「勝つための舞台は整った」 といえばカッコいいですが、 実際は自分達の順位を考えた時に是が非で

スキ
61

今之浦スタッフだより

今之浦オフィスに務める静岡ブルーレヴズ社員・スタッフの発信マガジンです。各担当がそれぞれの仕事に対する想いやコンセプトを紹介していきます!

すべて見る

襟付きを諦めない!クラブスタッフが一から手掛けるユニフォームに込められた想い

初めまして。 静岡ブルーレヴズのクリエイティブ(デザイナー)を担当している、 平野明日香(ひらのあすか)と申します。 普段は今之浦オフィスにて、SNSの画像やポスター、グッズなど、"デザイン”と名のつくものを横断的に取り扱う仕事を行っておりますが、レヴニスタのみなさまにとっては、"オフィシャルグッズブースにいっつもいるあの人!"と言う方が、もしかしたら馴染みがあるかもしれません。 あまり個人として表に出ることが得意ではないので、正直これまでnoteも指名がこないようにうっす

スキ
76

【Vol.2】静岡の皆様と共に。地域を盛り上げるために全力で走る続ける熱いメンバーたち ~新しい若いパワー~

皆さん、こんにちは。 田邊憶音(たなべおくと)と申します。   正本リーダーからバトンを引き継ぎまして、私がブルーレヴズで働くまでの経緯と今の仕事、そして今後成し遂げたいことを紹介したいと思います。  私は、中学生からラグビーをはじめ社会人1年目まで11年間ラグビーをプレーしていました。中学と高校では部員が少なかったですがラグビーの楽しさを学び、大学や社会人では挫折を乗り越える強さやチームを勝たせる責任を学びました。また経験以上に、ラグビーだからこそ繋がることのできた多く

スキ
32

【Vol.1】 静岡の皆様と共に。地域を盛り上げるために全力で走る続ける熱いメンバーたち!

皆さま、こんにちは。 地域連携事業部の部長を務めております、 田井中亮範(たいなかあきのり)と申します。 地域連携事業部は、ホストエリア静岡県の皆さまに静岡ブルーレヴズのことを知ってもらい、関係づくりを行う地域推進ユニット(以下、地域推進」)と、地域の皆さまへのラグビー普及やスクール・アカデミー事業を行う育成・普及ユニットで構成しています。 今回は地域推進ユニットの活動のご紹介と、地域に対する思いが人一倍強い、自慢のメンバーをリレー形式で紹介をさせて頂きます。 田井中亮

スキ
28

子供たちの「未来」のために、ラグビーで「笑顔」を届ける~夢と希望の楕円球~

世界中の皆さま、ごきげんよう!静岡ブルーレヴズ 地域連携事業部 育成・普及ユニット 藤井達也(ふじいたつや)です。 まずは簡単に自己紹介をさせていただきます。 愛知県瀬戸市に生まれ、地元の瀬戸西高校でラグビーと出会い、中京大学体育学部を卒業して2013年にヤマハ発動機ジュビロへ入団しました。(一応、元選手です。笑) 2017年に引退後、社業(経理業務)に専念していましたが、2019年6月ヤマハ発動機ジュビロに普及担当として舞い戻ってきました! 引退後にお世話になったチームで

スキ
30

山谷 拓志(やまや たかし)|静岡ブルーレヴズ 代表

代表取締役社長 山谷拓志のアカウントにて投稿している記事をまとめています!

すべて見る
  • 7本

スタッド・トゥールーザン訪問記

昨年(2022年)11月30日に発表致しました通り、静岡ブルーレヴズはフランス1部リーグTOP14に所属する「スタッド・トゥールーザン」と2019年に結んだパートナーシップ協定を再締結しました。 スタッド・トゥールーザンは1907年に創設され、フランス選手権優勝21回、ヨーロピアンチャンピオンズカップ優勝5回(いずれも史上最多)を誇る強豪クラブ。2019年には日野剛志選手が所属しプレーしていました。 このパートナーシップ協定を再締結するために2022年11月5月から3日間

スキ
46

2023新年のご挨拶~公式よりも長文バージョンです!

新年あけましておめでとうございます! クラブの公式サイトでも新年のご挨拶を掲載しておりますが、こちらnoteでは少し長文バージョンでご挨拶をさせていただきたいと思います。 いつも熱い応援で選手達を後押しいただくレヴニスタの皆様、日頃よりサポートをいただいておりますスポンサー、サプライヤー、メディア、自治体、静岡県ラグビーフットボール協会やリーグワンの関係者の皆様、旧年中は本当に多くのご声援、ご支援、ご協力を賜り誠にありがとうございました。 お陰様をもちましてヤマハ発動機ジ

スキ
33

リーグワンやラグビーに関して取材を頂いた記事まとめ~プロスポーツビジネスの本質とは

静岡ブルーレヴズとしての1stシーズンが終わり早くも3ヶ月が過ぎようとしています。Bリーグならあと2ヶ月で新シーズンが開幕というところですが、12月のリーグワン開幕まではあと4ヶ月以上💦 チームのことが忘れ去られてしまうのではないか心配ですが、オフシーズンが長いことをポジティブに捉えて、しっかり開幕に向けて準備していきたいと思います。 さてこの間、リーグやラグビーに関して多くのメディアの皆様より取材をいただきました。ラグビー界で真っ先に独立分社化してチーム名から企業名を無く

スキ
80

静岡ブルーレヴズ 1stシーズン終了のご挨拶

年明け1月4日の投稿以来、noteの更新が滞っておりました💦 この間、1月~3月は静岡新聞夕刊コラム「窓辺」にて毎週文章をしたためておりましたので、よろしければご一読ください。 プロラグビークラブ静岡ブルーレヴズとしての初めてのシーズンが終了しました。既に公式HPにてご挨拶文を掲載しておりますが、その文章にもう少し気持ちや考えを添えながら、あらためてこちらでもお礼やご挨拶をお伝えしてみたいと思います。 まず、コロナウイルス感染症に起因し一部の試合が中止となり、ご支援を頂い

スキ
54

静岡ブルーレヴズ選手リクルート事務局

静岡ブルーレヴズ選手リクルート事務局アカウントの記事をまとめています!

すべて見る

選手リクルーターからみた静岡ブルーレヴズの特徴【西内勇人】

皆さんこんにちは、静岡ブルーレヴズで選手リクルーター(選手採用担当)を務めております 西内 勇人(にしうち はやと)です。このnoteで静岡ブルーレヴズをさらに知っていただけるといいなと思います。よろしくお願いします。 簡単に自己紹介をさせていただくと、2021年に選手を引退し2021年12月より選手採用担当となりました。自分自身としてはブルーレヴズ(当時はヤマハ発動機ジュビロ)に入団でき本当に良かったと実感しているので、このチームの魅力を学生の皆さんにぜひ知ってもらいたい

スキ
20

大学生選手向けリクルーティングブック「一生トライしよう。」完成!

こんにちは!静岡ブルーレヴズの代表兼GMを務めております山谷拓志(やまやたかし)です。選手リクルーティングにかかわるスタッフでnoteを始めることになりました。ということでまずは自分の投稿からスタートしてみたいと思います。 この度、主に大学生の選手に向けたリクルーティングブック「一生トライしよう。」が完成しました。制作にご協力をいただきました株式会社まなざす代表の林 慎一さんには感謝を申し上げます。 このリクルーティングブックですが、実は過去にも制作したことがありました。

スキ
32

選手のリクルーティングで大切にしたい考え方【山谷拓志】

こんにちは、静岡ブルーレヴズ代表の山谷です。 前回の投稿から少し間が空いてしまいました💦 前回の続編として、今回は大学生の皆さんに「静岡ブルーレヴズが選手のリクルーティングで大切にしたいこと」についてお伝えしたいと思います。 1.広く門戸を開きオープンであること リーグワンDiv.1のチームへの入団は狭き門かもしれません。Div.1の12チームが毎年新卒で5人程度採用したとしても、1年に60名の採用枠しかありません。そう言ってしまうと、限られたごく一部の選手だけにチャンス

スキ
18