静岡ブルーレヴズ|SHIZUOKA BlueRevs

静岡県を拠点に活動するプロフェッショナルラグビークラブ「静岡ブルーレヴズ/SHIZUO…

静岡ブルーレヴズ|SHIZUOKA BlueRevs

静岡県を拠点に活動するプロフェッショナルラグビークラブ「静岡ブルーレヴズ/SHIZUOKA BlueRevs(旧:ヤマハ発動機ジュビロ)」の公式noteアカウントです。新たな挑戦とともに静岡から、心躍る最高の感動を世界へと届けていきます!

マガジン

  • オフィシャルライター │ 大友信彦マガジン

    2022-2023シーズンクラブオフィシャルライターを務める大友信彦さんによるマガジン。各種試合の観戦記や、選手スタッフインタビューなど「静岡ブルーレヴズ」の魅力を最大限に表現します。月4-6ペースで更新されます。 ー大友信彦(おおとも・のぶひこ) 1962年宮城県気仙沼市生まれ。 1985年からフリーランスのスポーツライターとして活動。 『東京中日スポーツ』『Number』『ラグビーマガジン』などで取材・執筆。 WEBマガジン『RUGBYJapan365』スーパーバイザー。 ラグビーは1985年から、W杯は1991年大会から2019年大会まで8大会連続全期間を取材。ヤマハ発動機については創部間もない1990年から全国社会人大会、トップリーグ、リーグワンの静岡ブルーレヴズを通じて取材。ヤマハ発動機ジュビロのレジェンドを紹介した『奇跡のラグビーマン村田亙』『五郎丸歩・不動の魂』の著者。

  • 今之浦スタッフだより

    今之浦オフィスに務める静岡ブルーレヴズ社員・スタッフの発信マガジンです。各担当がそれぞれの仕事に対する想いやコンセプトを紹介していきます!

  • 選手が綴る~日野剛志がみるブルーレヴズ

    選手が自ら想いを綴るコンテンツ。現役選手の「日野剛志」の心の内を公開していきます。温かく見守っていただけますと幸いです。※不定期更新※

  • 山谷 拓志(やまや たかし)|静岡ブルーレヴズ 代表

    • 7本

    代表取締役社長 山谷拓志のアカウントにて投稿している記事をまとめています!

  • 静岡ブルーレヴズ選手リクルート事務局

    静岡ブルーレヴズ選手リクルート事務局アカウントの記事をまとめています!

オフィシャルライター │ 大友信彦マガジン

2022-2023シーズンクラブオフィシャルライターを務める大友信彦さんによるマガジン。各種試合の観戦記や、選手スタッフインタビューなど「静岡ブルーレヴズ」の魅力を最大限に表現します。月4-6ペースで更新されます。 ー大友信彦(おおとも・のぶひこ) 1962年宮城県気仙沼市生まれ。 1985年からフリーランスのスポーツライターとして活動。 『東京中日スポーツ』『Number』『ラグビーマガジン』などで取材・執筆。 WEBマガジン『RUGBYJapan365』スーパーバイザー。 ラグビーは1985年から、W杯は1991年大会から2019年大会まで8大会連続全期間を取材。ヤマハ発動機については創部間もない1990年から全国社会人大会、トップリーグ、リーグワンの静岡ブルーレヴズを通じて取材。ヤマハ発動機ジュビロのレジェンドを紹介した『奇跡のラグビーマン村田亙』『五郎丸歩・不動の魂』の著者。

くわしく見る

矢富勇毅 ~コーチとして日本代表を目指したい~後編【PLAY BACK Interview④】

Text by 大友信彦(静岡ブルーレヴズオフィシャルライター) Photo by 静岡ブルーレヴズ /谷本 結利(静岡ブルーレヴズ オフィシャルフォトグラファー) 6月8日、昨季で現役を引退した矢富勇毅さんの2024-25シーズンの静岡ブルーレヴズ・アシスタントコーチ就任が正式に発表された。 今回はシーズンエンドインタビュー・矢富勇毅【後編】ということで、コーチとしての目標や、静岡ブルーレヴズの未来を背負うSHの後輩たちへ向けての、矢富勇毅新コーチの想いをお届けする。

スキ
31

藤井雄一郎 監督~トータル70点。満足は全くしていないが悲観もない【PLAY BACK Interview③】

Text by 大友信彦(静岡ブルーレヴズオフィシャルライター) Photo by 静岡ブルーレヴズ /谷本 結利(静岡ブルーレヴズ オフィシャルフォトグラファー) 静岡ブルーレヴズの指揮官として藤井雄一郎監督の着任会見が行われたのは昨年の10月21日。フランスで開催されたラグビーワールドカップ2023で日本代表のチームディレクター業務を終え、帰国してわずか10日後のことだった。 その後、2ヵ月足らずでリーグワンは開幕。そこから6ヵ月にわたってNTTリーグワン2023-24

スキ
38

矢富勇毅 ~最後に増えた手術回数、そして今のキモチ~前編【PLAY BACK Interview②】

Text by 大友信彦(静岡ブルーレヴズオフィシャルライター) Photo by 静岡ブルーレヴズ /谷本 結利(静岡ブルーレヴズ オフィシャルフォトグラファー) 「反響の大きさに驚いています」と矢富勇毅は言った。 5月2日の引退発表。そして5月5日のラストゲームと引退セレモニー。ヤマハスタジアムを埋めた満員のファンが、17シーズンにわたってジュビロそしてブルーレヴズを支えた英雄に拍手を贈り、栄光の競技生活を称え、別れを惜しんだ。 インタビューを行ったのは、満員のヤマハ

スキ
37

KWAGGA SMITH~アタックマインド改革~【PLAY BACK Interview①】

Text by 大友信彦(静岡ブルーレヴズオフィシャルライター) Photo by 静岡ブルーレヴズ /谷本 結利(静岡ブルーレヴズ オフィシャルフォトグラファー) 2023-24シーズンが終わった。 今シーズンキャプテンとしてチームを率いたクワッガ・スミスに最終戦終了直後の5月9日にインタビューをした。 ケガもありプレーできない時間が長かったクワッガ・スミスは、今シーズンの静岡ブルーレヴズをどのように感じていたのだろうか。 ――今シーズンはワールドカップでは南アフリカ代

スキ
54

今之浦スタッフだより

今之浦オフィスに務める静岡ブルーレヴズ社員・スタッフの発信マガジンです。各担当がそれぞれの仕事に対する想いやコンセプトを紹介していきます!

くわしく見る

REVNISTA FESTIVAL 2024(レヴフェス)最新情報!

日頃より静岡ブルーレヴズへの熱いご支援・ご声援をいただきありがとうございます。 6月9日(日)に開催するCLUB REVS会員限定のファン感謝祭 REVNISTA FESTIVAL 2024(レヴフェス) の最新情報をまとめました! レヴフェスは、選手からファンの皆様へ1シーズンの感謝を伝えるために開催される、選手が主体となって考え運営されるファン感謝祭です。 様々はイベントをご用意しておりますので、ぜひ足をお運びいただき、選手からの感謝の気持ちを受け取って楽しんでいただ

スキ
22

レヴシャツ2.0誕生秘話!【5月5日(日祝)最終戦来場者プレゼント先着12,000名にプレゼント!】

みなさま、こんにちは。 日頃より静岡ブルーレヴズへのあたたかいご支援・ご声援をいただきまして誠にありがとうございます。 静岡ブルーレヴズのクリエイティブを担当している、平野 です。 表に出たくない、と言いながら半年経たずの再度登板(オーセンティックジャージ秘話)、どの口が?!と自分でも思いますが、伝えたいことはたくさんある!ということで、再び筆を取らせていただきました。 今回は、5月5日(日祝)にヤマハスタジアムで開催するリーグ最終戦で配布させていただく レヴシャツ2.0 に

スキ
61

ミッション:Z世代へのアプローチにチャレンジしよう ~U29メンバーの想いよ届け~

皆さん、こんにちは。 コンシューマー事業部の 薄隅(うすずみ) です。本年もよろしくお願いいたします。 まずははじめに、能登半島地震により、亡くなられた方々に謹んで哀悼の意を表しますとともに、被災された皆さまに心からお見舞い申し上げます。 クラブとしても、被災された皆さまへの復興支援として募金活動など実施すると共に、スポーツを通じて、少しでも皆さまの力になれるように活動して参ります。 新年1回目の今之浦だよりということで、1月13日(土)に行われるホストゲーム NTTジャ

スキ
63

襟付きを諦めない!クラブスタッフが一から手掛けるユニフォームに込められた想い

初めまして。 静岡ブルーレヴズのクリエイティブ(デザイナー)を担当している、 平野明日香(ひらのあすか)と申します。 普段は今之浦オフィスにて、SNSの画像やポスター、グッズなど、"デザイン”と名のつくものを横断的に取り扱う仕事を行っておりますが、レヴニスタのみなさまにとっては、"オフィシャルグッズブースにいっつもいるあの人!"と言う方が、もしかしたら馴染みがあるかもしれません。 あまり個人として表に出ることが得意ではないので、正直これまでnoteも指名がこないようにうっす

スキ
88

選手が綴る~日野剛志がみるブルーレヴズ

選手が自ら想いを綴るコンテンツ。現役選手の「日野剛志」の心の内を公開していきます。温かく見守っていただけますと幸いです。※不定期更新※

くわしく見る

最後の戦い

長かったシーズンも終わりが近づいて来てしまいました。 次節が今シーズンの静岡ブルーレヴズ最後の戦いです。 自分達の目指すべき場所には届かずリーグがクライマックスを迎える前にシーズンを終えてしまうことは非常に悔しいです。 日頃より応援・サポートしていただいてる皆さんの期待に結果で応えることができず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。 ただ私は、勝つために辛い練習を乗り越えて長いシーズンを戦ってきたチーム全員を誇りに思います。 これだけ怪我人が出ていろんな選手が出場しながら、み

スキ
75

ブルーレヴズの一歩

皆さんこんにちは! 日野剛志です。 先週末4月6日(土)は静岡ブルーレヴズにとって記念すべき日・試合になりました。 トピックは2つ! 矢富勇毅選手の150capブルーレヴズとなって初の3連勝 このふたつが同時に達成され、ブルーレヴズの歴史の1ページに刻まれました。 まずは矢富さんの150capですよ。39歳、リーグワンDiv.1最年長。 ヤマハ発動機ジュビロ時代からクラブの紆余曲折を知るレジェンド。 大怪我を何度も乗り越えての150試合は本当に凄すぎます。 チームと

スキ
70

植木悠治が綴る~植木がみるブルーレヴズ~【特別編】

こんにちは!日野剛志です。 選手が綴るブルーレヴズ【特別編】ということで、普段とは違いブルーレヴズの他のメンバーに綴ってもらいました。 今回は怪我のため長期離脱しており自身のリハビリを頑張りながらチームのために色々とアクションしてくれている 植木 悠治 選手から見たブルーレヴズ、普段知ることのできないリハビリ選手の活動、そして彼の想いを綴ってくれてますのでお楽しみください。 皆さんこんにちは 植木悠治です。 今回は私からみたレヴズの雰囲気や 怪我人の思いや、リハビリや練

スキ
49

Attitude

態度・心構え・立ち振る舞い タイトルの「Attitude(アティチュード)」を調べるとこういった意味が出てきます。 今まさに自分に必要なのはこの言葉をグラウンドで体現することではないかと思っています。 現在静岡ブルーレヴズは3勝3敗からの2連敗 2試合ともセットプレーでの強みを発揮し切れず大量失点を喫しての負けでした。個人としてもタックルミスも多くセットプレーでも貢献できておらず歯がゆい気持ちです。 でも一番悔しいのは試合を観ている試合に出れないチームのメンバー/スタ

スキ
35

山谷 拓志(やまや たかし)|静岡ブルーレヴズ 代表

代表取締役社長 山谷拓志のアカウントにて投稿している記事をまとめています!

くわしく見る
  • 7本

スタッド・トゥールーザン訪問記

昨年(2022年)11月30日に発表致しました通り、静岡ブルーレヴズはフランス1部リーグTOP14に所属する「スタッド・トゥールーザン」と2019年に結んだパートナーシップ協定を再締結しました。 スタッド・トゥールーザンは1907年に創設され、フランス選手権優勝21回、ヨーロピアンチャンピオンズカップ優勝5回(いずれも史上最多)を誇る強豪クラブ。2019年には日野剛志選手が所属しプレーしていました。 このパートナーシップ協定を再締結するために2022年11月5月から3日間

スキ
46

2023新年のご挨拶~公式よりも長文バージョンです!

新年あけましておめでとうございます! クラブの公式サイトでも新年のご挨拶を掲載しておりますが、こちらnoteでは少し長文バージョンでご挨拶をさせていただきたいと思います。 いつも熱い応援で選手達を後押しいただくレヴニスタの皆様、日頃よりサポートをいただいておりますスポンサー、サプライヤー、メディア、自治体、静岡県ラグビーフットボール協会やリーグワンの関係者の皆様、旧年中は本当に多くのご声援、ご支援、ご協力を賜り誠にありがとうございました。 お陰様をもちましてヤマハ発動機ジ

スキ
34

リーグワンやラグビーに関して取材を頂いた記事まとめ~プロスポーツビジネスの本質とは

静岡ブルーレヴズとしての1stシーズンが終わり早くも3ヶ月が過ぎようとしています。Bリーグならあと2ヶ月で新シーズンが開幕というところですが、12月のリーグワン開幕まではあと4ヶ月以上💦 チームのことが忘れ去られてしまうのではないか心配ですが、オフシーズンが長いことをポジティブに捉えて、しっかり開幕に向けて準備していきたいと思います。 さてこの間、リーグやラグビーに関して多くのメディアの皆様より取材をいただきました。ラグビー界で真っ先に独立分社化してチーム名から企業名を無く

スキ
79

静岡ブルーレヴズ 1stシーズン終了のご挨拶

年明け1月4日の投稿以来、noteの更新が滞っておりました💦 この間、1月~3月は静岡新聞夕刊コラム「窓辺」にて毎週文章をしたためておりましたので、よろしければご一読ください。 プロラグビークラブ静岡ブルーレヴズとしての初めてのシーズンが終了しました。既に公式HPにてご挨拶文を掲載しておりますが、その文章にもう少し気持ちや考えを添えながら、あらためてこちらでもお礼やご挨拶をお伝えしてみたいと思います。 まず、コロナウイルス感染症に起因し一部の試合が中止となり、ご支援を頂い

スキ
54

静岡ブルーレヴズ選手リクルート事務局

静岡ブルーレヴズ選手リクルート事務局アカウントの記事をまとめています!

くわしく見る

選手リクルーターからみた静岡ブルーレヴズの特徴【西内勇人】

皆さんこんにちは、静岡ブルーレヴズで選手リクルーター(選手採用担当)を務めております 西内 勇人(にしうち はやと)です。このnoteで静岡ブルーレヴズをさらに知っていただけるといいなと思います。よろしくお願いします。 簡単に自己紹介をさせていただくと、2021年に選手を引退し2021年12月より選手採用担当となりました。自分自身としてはブルーレヴズ(当時はヤマハ発動機ジュビロ)に入団でき本当に良かったと実感しているので、このチームの魅力を学生の皆さんにぜひ知ってもらいたい

スキ
20

大学生選手向けリクルーティングブック「一生トライしよう。」完成!

こんにちは!静岡ブルーレヴズの代表兼GMを務めております山谷拓志(やまやたかし)です。選手リクルーティングにかかわるスタッフでnoteを始めることになりました。ということでまずは自分の投稿からスタートしてみたいと思います。 この度、主に大学生の選手に向けたリクルーティングブック「一生トライしよう。」が完成しました。制作にご協力をいただきました株式会社まなざす代表の林 慎一さんには感謝を申し上げます。 このリクルーティングブックですが、実は過去にも制作したことがありました。

スキ
32

選手のリクルーティングで大切にしたい考え方【山谷拓志】

こんにちは、静岡ブルーレヴズ代表の山谷です。 前回の投稿から少し間が空いてしまいました💦 前回の続編として、今回は大学生の皆さんに「静岡ブルーレヴズが選手のリクルーティングで大切にしたいこと」についてお伝えしたいと思います。 1.広く門戸を開きオープンであること リーグワンDiv.1のチームへの入団は狭き門かもしれません。Div.1の12チームが毎年新卒で5人程度採用したとしても、1年に60名の採用枠しかありません。そう言ってしまうと、限られたごく一部の選手だけにチャンス

スキ
19