静岡ブルーレヴズ|SHIZUOKA BlueRevs

静岡県を拠点に活動するプロフェッショナルラグビークラブ「静岡ブルーレヴズ/SHIZUO…

静岡ブルーレヴズ|SHIZUOKA BlueRevs

静岡県を拠点に活動するプロフェッショナルラグビークラブ「静岡ブルーレヴズ/SHIZUOKA BlueRevs(旧:ヤマハ発動機ジュビロ)」の公式noteアカウントです。新たな挑戦とともに静岡から、心躍る最高の感動を世界へと届けていきます!

マガジン

  • 今之浦スタッフだより

    今之浦オフィスに務める静岡ブルーレヴズ社員・スタッフの発信マガジンです。各担当がそれぞれの仕事に対する想いやコンセプトを紹介していきます!

  • オフィシャルライター │ 大友信彦マガジン

    2022-2023シーズンクラブオフィシャルライターを務める大友信彦さんによるマガジン。各種試合の観戦記や、選手スタッフインタビューなど「静岡ブルーレヴズ」の魅力を最大限に表現します。月4-6ペースで更新されます。 ー大友信彦(おおとも・のぶひこ) 1962年宮城県気仙沼市生まれ。 1985年からフリーランスのスポーツライターとして活動。 『東京中日スポーツ』『Number』『ラグビーマガジン』などで取材・執筆。 WEBマガジン『RUGBYJapan365』スーパーバイザー。 ラグビーは1985年から、W杯は1991年大会から2019年大会まで8大会連続全期間を取材。ヤマハ発動機については創部間もない1990年から全国社会人大会、トップリーグ、リーグワンの静岡ブルーレヴズを通じて取材。ヤマハ発動機ジュビロのレジェンドを紹介した『奇跡のラグビーマン村田亙』『五郎丸歩・不動の魂』の著者。

  • 選手が綴る~日野剛志がみるブルーレヴズ

    選手が自ら想いを綴るコンテンツ。現役選手の「日野剛志」の心の内を公開していきます。温かく見守っていただけますと幸いです。※不定期更新※

  • 山谷 拓志(やまや たかし)|静岡ブルーレヴズ 代表

    • 7本

    代表取締役社長 山谷拓志のアカウントにて投稿している記事をまとめています!

  • 静岡ブルーレヴズ選手リクルート事務局

    静岡ブルーレヴズ選手リクルート事務局アカウントの記事をまとめています!

最近の記事

トゥールーズとの合同アカデミーキャンプの魅力と、3つの想い

皆さま 日頃より静岡ブルーレヴズへのあたたかいご支援・ご声援をいただきまして誠にありがとうございます。 海外事業を担当している 正本 豊(まさもと ゆたか) と申します。 私は地域連携の担当もしており、以前、コチラのnoteでも自己紹介をさせていただきました。 今回のnoteでは、もう一つの担当である海外事業について、特に、現在準備を進めているフランスTOP14のクラブであるスタッド・トゥールーザンとのアカデミーキャンプのことをご紹介させていただきます! 1. スタ

    • チャールズ・ピウタウ~周りの選手をアシストするという自分のマインドセットを確立できた~【PLAY BACK Interview⑥】

      Text by 大友信彦(静岡ブルーレヴズオフィシャルライター) Photo by 静岡ブルーレヴズ /谷本 結利(静岡ブルーレヴズ オフィシャルフォトグラファー) 2023-24シーズンで藤井雄一郎監督がチームのMVPに指名したのが、チャーリーことチャールズ・ピウタウである。 ニュージーランド代表オールブラックスで17キャップを持ち、アイルランドやイングランドのクラブで活躍してきたユーティリティーバックス(UTB)は、昨秋のワールドカップフランス大会にトンガ代表で出場し

      • 岡﨑航大~「素人SH」SHらしくない、自分にしかできないSHになる~【PLAY BACK Interview⑤】

        Text by 大友信彦(静岡ブルーレヴズオフィシャルライター) Photo by 静岡ブルーレヴズ /谷本 結利(静岡ブルーレヴズ オフィシャルフォトグラファー) 2023-24シーズン、藤井監督が「最も成長した選手」として名をあげたのが、岡﨑航大(おかざきこうだい)である。 入団3年目の2023-24シーズン、開幕直前にそれまでのSOからSHに転向すると「素人SH」ながら第4節の三重ホンダヒート戦に先発してリーグワンデビューを飾り、そこから4試合連続で背番号9をつけて

        • 矢富勇毅 ~コーチとして日本代表を目指したい~後編【PLAY BACK Interview④】

          Text by 大友信彦(静岡ブルーレヴズオフィシャルライター) Photo by 静岡ブルーレヴズ /谷本 結利(静岡ブルーレヴズ オフィシャルフォトグラファー) 6月8日、昨季で現役を引退した矢富勇毅さんの2024-25シーズンの静岡ブルーレヴズ・アシスタントコーチ就任が正式に発表された。 今回はシーズンエンドインタビュー・矢富勇毅【後編】ということで、コーチとしての目標や、静岡ブルーレヴズの未来を背負うSHの後輩たちへ向けての、矢富勇毅新コーチの想いをお届けする。

        トゥールーズとの合同アカデミーキャンプの魅力と、3つの想い

        マガジン

        • 今之浦スタッフだより
          17本
        • オフィシャルライター │ 大友信彦マガジン
          62本
        • 選手が綴る~日野剛志がみるブルーレヴズ
          15本
        • 山谷 拓志(やまや たかし)|静岡ブルーレヴズ 代表
          7本
        • 静岡ブルーレヴズ選手リクルート事務局
          3本

        記事

          藤井雄一郎 監督~トータル70点。満足は全くしていないが悲観もない【PLAY BACK Interview③】

          Text by 大友信彦(静岡ブルーレヴズオフィシャルライター) Photo by 静岡ブルーレヴズ /谷本 結利(静岡ブルーレヴズ オフィシャルフォトグラファー) 静岡ブルーレヴズの指揮官として藤井雄一郎監督の着任会見が行われたのは昨年の10月21日。フランスで開催されたラグビーワールドカップ2023で日本代表のチームディレクター業務を終え、帰国してわずか10日後のことだった。 その後、2ヵ月足らずでリーグワンは開幕。そこから6ヵ月にわたってNTTリーグワン2023-24

          藤井雄一郎 監督~トータル70点。満足は全くしていないが悲観もない【PLAY BACK Interview③】

          REVNISTA FESTIVAL 2024(レヴフェス)最新情報!

          日頃より静岡ブルーレヴズへの熱いご支援・ご声援をいただきありがとうございます。 6月9日(日)に開催するCLUB REVS会員限定のファン感謝祭 REVNISTA FESTIVAL 2024(レヴフェス) の最新情報をまとめました! レヴフェスは、選手からファンの皆様へ1シーズンの感謝を伝えるために開催される、選手が主体となって考え運営されるファン感謝祭です。 様々はイベントをご用意しておりますので、ぜひ足をお運びいただき、選手からの感謝の気持ちを受け取って楽しんでいただ

          REVNISTA FESTIVAL 2024(レヴフェス)最新情報!

          矢富勇毅 ~最後に増えた手術回数、そして今のキモチ~前編【PLAY BACK Interview②】

          Text by 大友信彦(静岡ブルーレヴズオフィシャルライター) Photo by 静岡ブルーレヴズ /谷本 結利(静岡ブルーレヴズ オフィシャルフォトグラファー) 「反響の大きさに驚いています」と矢富勇毅は言った。 5月2日の引退発表。そして5月5日のラストゲームと引退セレモニー。ヤマハスタジアムを埋めた満員のファンが、17シーズンにわたってジュビロそしてブルーレヴズを支えた英雄に拍手を贈り、栄光の競技生活を称え、別れを惜しんだ。 インタビューを行ったのは、満員のヤマハ

          矢富勇毅 ~最後に増えた手術回数、そして今のキモチ~前編【PLAY BACK Interview②】

          KWAGGA SMITH~アタックマインド改革~【PLAY BACK Interview①】

          Text by 大友信彦(静岡ブルーレヴズオフィシャルライター) Photo by 静岡ブルーレヴズ /谷本 結利(静岡ブルーレヴズ オフィシャルフォトグラファー) 2023-24シーズンが終わった。 今シーズンキャプテンとしてチームを率いたクワッガ・スミスに最終戦終了直後の5月9日にインタビューをした。 ケガもありプレーできない時間が長かったクワッガ・スミスは、今シーズンの静岡ブルーレヴズをどのように感じていたのだろうか。 ――今シーズンはワールドカップでは南アフリカ代

          KWAGGA SMITH~アタックマインド改革~【PLAY BACK Interview①】

          タフに乗り越えなければ上へは行けない。次に到達すべき場所へ~大友信彦観戦記 5/5 リーグワン2023-24 D1 R16 東芝ブレイブルーパス東京戦 ~

          Text by 大友信彦(静岡ブルーレヴズオフィシャルライター) Photo by 静岡ブルーレヴズ /谷本 結利(静岡ブルーレヴズ オフィシャルフォトグラファー) 5月5日、静岡の空は鮮やかに晴れ上がった。夏を思わせる日差しの元で、静岡ブルーレヴズはNTTリーグワン2023-24シーズンの最終戦に臨んだ。本当はもう2試合、シーズンが続いてほしかった。選手もスタッフもそのために努力を重ねたし、その場所は決して手の届かない場所ではなかったと思う。しかし、試合が始まる前に、今季

          タフに乗り越えなければ上へは行けない。次に到達すべき場所へ~大友信彦観戦記 5/5 リーグワン2023-24 D1 R16 東芝ブレイブルーパス東京戦 ~

          最後の戦い

          長かったシーズンも終わりが近づいて来てしまいました。 次節が今シーズンの静岡ブルーレヴズ最後の戦いです。 自分達の目指すべき場所には届かずリーグがクライマックスを迎える前にシーズンを終えてしまうことは非常に悔しいです。 日頃より応援・サポートしていただいてる皆さんの期待に結果で応えることができず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。 ただ私は、勝つために辛い練習を乗り越えて長いシーズンを戦ってきたチーム全員を誇りに思います。 これだけ怪我人が出ていろんな選手が出場しながら、み

          下を向いている時間はない。~大友信彦観戦記 4/27 リーグワン2023-24 D1 R15 コベルコ神戸スティーラーズ戦 ~

          Text by 大友信彦(静岡ブルーレヴズオフィシャルライター) Photo by 静岡ブルーレヴズ /谷本 結利(静岡ブルーレヴズ オフィシャルフォトグラファー) 4月27日、静岡ブルーレヴズは東大阪市の花園ラグビー場でコベルコ神戸スティーラーズと対戦した。NTTリーグワン2023-24 D1の第15節。プレーオフ進出という目標は、ブルーレヴズはサンゴリアスとの引き分けで、スティーラーズはスピアーズ戦での敗北で、ともに前節で消えていた。しかし、目標が消滅したわけではない。

          下を向いている時間はない。~大友信彦観戦記 4/27 リーグワン2023-24 D1 R15 コベルコ神戸スティーラーズ戦 ~

          勝てなかったが負けもしなかった―きっとこれが、今のブルーレヴズ。~大友信彦観戦記 4/19 リーグワン2023-24 D1 R14 東京サントリーサンゴリアス戦 ~

          Text by 大友信彦(静岡ブルーレヴズオフィシャルライター) Photo by 静岡ブルーレヴズ /谷本 結利(静岡ブルーレヴズ オフィシャルフォトグラファー) 4月19日、金曜日。ブルーレヴズは夕刻の東京・秩父宮ラグビー場に姿を現した。NTTリーグワン第14節、サンゴリアス戦はブルーレヴズにとって今季初の「金曜ナイター」。そしてこの試合にはもっと大きな意味があった。ブルーレヴズは前節、アイスタのスピアーズ戦で引き分け。プレーオフ進出へは、残り3試合すべてに勝ち、かつ上

          勝てなかったが負けもしなかった―きっとこれが、今のブルーレヴズ。~大友信彦観戦記 4/19 リーグワン2023-24 D1 R14 東京サントリーサンゴリアス戦 ~

          「大声援に大きな力をいただいた。その方々のために、支えてくれる家族やチームのために」~大友信彦観戦記 4/13 リーグワン2023-24 D1 R13 クボタスピアーズ船橋・東京ベイ戦 ~

          Text by 大友信彦(静岡ブルーレヴズオフィシャルライター) Photo by 静岡ブルーレヴズ /谷本 結利(静岡ブルーレヴズ オフィシャルフォトグラファー) 4月13日(土)、日本平は穏やかな晴天に包まれていた。Jリーグ清水エスパルスのホームスタジアムとして知られるサッカーの聖地アイスタ(IAIスタジアム日本平)。Jリーグのベストピッチ賞を何度も受賞してきた極上の芝が、年に一度、楕円球の戦場になる。今年、ブルーレヴズがその地へ迎えたのは昨季のリーグワン王者・スピアー

          「大声援に大きな力をいただいた。その方々のために、支えてくれる家族やチームのために」~大友信彦観戦記 4/13 リーグワン2023-24 D1 R13 クボタスピアーズ船橋・東京ベイ戦 ~

          レヴシャツ2.0誕生秘話!【5月5日(日祝)最終戦来場者プレゼント先着12,000名にプレゼント!】

          みなさま、こんにちは。 日頃より静岡ブルーレヴズへのあたたかいご支援・ご声援をいただきまして誠にありがとうございます。 静岡ブルーレヴズのクリエイティブを担当している、平野 です。 表に出たくない、と言いながら半年経たずの再度登板(オーセンティックジャージ秘話)、どの口が?!と自分でも思いますが、伝えたいことはたくさんある!ということで、再び筆を取らせていただきました。 今回は、5月5日(日祝)にヤマハスタジアムで開催するリーグ最終戦で配布させていただく レヴシャツ2.0 に

          レヴシャツ2.0誕生秘話!【5月5日(日祝)最終戦来場者プレゼント先着12,000名にプレゼント!】

          1戦ごとに最大限の勝点を積み上げ続けるのみ。~大友信彦観戦記 4/6 リーグワン2023-24 D1 R12 三重ホンダヒート戦 ~

          Text by 大友信彦(静岡ブルーレヴズオフィシャルライター) Photo by 静岡ブルーレヴズ /谷本 結利(静岡ブルーレヴズ オフィシャルフォトグラファー) トヨタヴェルブリッツ戦の勝利から1週のBYEを挟んで迎えたリーグワン第12節。静岡ブルーレヴズは本拠地ヤマハスタジアムに三重ホンダヒートを迎えた。 リーグワンは前節で逆カンファレンスとの交流戦を終え、ここからは同一カンファレンスとの2巡目の対戦になる。前回の戦いから何を学び、チームがどう成長したかを示す5連戦

          1戦ごとに最大限の勝点を積み上げ続けるのみ。~大友信彦観戦記 4/6 リーグワン2023-24 D1 R12 三重ホンダヒート戦 ~

          ブルーレヴズの一歩

          皆さんこんにちは! 日野剛志です。 先週末4月6日(土)は静岡ブルーレヴズにとって記念すべき日・試合になりました。 トピックは2つ! 矢富勇毅選手の150capブルーレヴズとなって初の3連勝 このふたつが同時に達成され、ブルーレヴズの歴史の1ページに刻まれました。 まずは矢富さんの150capですよ。39歳、リーグワンDiv.1最年長。 ヤマハ発動機ジュビロ時代からクラブの紆余曲折を知るレジェンド。 大怪我を何度も乗り越えての150試合は本当に凄すぎます。 チームと