静岡ブルーレヴズ|SHIZUOKA BlueRevs

静岡県を拠点に活動するプロフェッショナルラグビークラブ「静岡ブルーレヴズ/SHIZUO…

静岡ブルーレヴズ|SHIZUOKA BlueRevs

静岡県を拠点に活動するプロフェッショナルラグビークラブ「静岡ブルーレヴズ/SHIZUOKA BlueRevs(旧:ヤマハ発動機ジュビロ)」の公式noteアカウントです。新たな挑戦とともに静岡から、心躍る最高の感動を世界へと届けていきます!

マガジン

  • 今之浦スタッフだより

    今之浦オフィスに務める静岡ブルーレヴズ社員・スタッフの発信マガジンです。各担当がそれぞれの仕事に対する想いやコンセプトを紹介していきます!

  • オフィシャルライター │ 大友信彦マガジン

    2022-2023シーズンクラブオフィシャルライターを務める大友信彦さんによるマガジン。各種試合の観戦記や、選手スタッフインタビューなど「静岡ブルーレヴズ」の魅力を最大限に表現します。月4-6ペースで更新されます。 ー大友信彦(おおとも・のぶひこ) 1962年宮城県気仙沼市生まれ。 1985年からフリーランスのスポーツライターとして活動。 『東京中日スポーツ』『Number』『ラグビーマガジン』などで取材・執筆。 WEBマガジン『RUGBYJapan365』スーパーバイザー。 ラグビーは1985年から、W杯は1991年大会から2019年大会まで8大会連続全期間を取材。ヤマハ発動機については創部間もない1990年から全国社会人大会、トップリーグ、リーグワンの静岡ブルーレヴズを通じて取材。ヤマハ発動機ジュビロのレジェンドを紹介した『奇跡のラグビーマン村田亙』『五郎丸歩・不動の魂』の著者。

  • 選手が綴る~日野剛志がみるブルーレヴズ

    選手が自ら想いを綴るコンテンツ。現役選手の「日野剛志」の心の内を公開していきます。温かく見守っていただけますと幸いです。※不定期更新※

  • 山谷 拓志(やまや たかし)|静岡ブルーレヴズ 代表

    • 7本

    代表取締役社長 山谷拓志のアカウントにて投稿している記事をまとめています!

  • 静岡ブルーレヴズ選手リクルート事務局

    静岡ブルーレヴズ選手リクルート事務局アカウントの記事をまとめています!

最近の記事

レヴシャツ2.0誕生秘話!【5月5日(日祝)最終戦来場者プレゼント先着12,000名にプレゼント!】

みなさま、こんにちは。 日頃より静岡ブルーレヴズへのあたたかいご支援・ご声援をいただきまして誠にありがとうございます。 静岡ブルーレヴズのクリエイティブを担当している、平野 です。 表に出たくない、と言いながら半年経たずの再度登板(オーセンティックジャージ秘話)、どの口が?!と自分でも思いますが、伝えたいことはたくさんある!ということで、再び筆を取らせていただきました。 今回は、5月5日(日祝)にヤマハスタジアムで開催するリーグ最終戦で配布させていただく レヴシャツ2.0 に

    • 1戦ごとに最大限の勝点を積み上げ続けるのみ。~大友信彦観戦記 4/6 リーグワン2023-24 D1 R12 三重ホンダヒート戦 ~

      Text by 大友信彦(静岡ブルーレヴズオフィシャルライター) Photo by 静岡ブルーレヴズ /谷本 結利(静岡ブルーレヴズ オフィシャルフォトグラファー) トヨタヴェルブリッツ戦の勝利から1週のBYEを挟んで迎えたリーグワン第12節。静岡ブルーレヴズは本拠地ヤマハスタジアムに三重ホンダヒートを迎えた。 リーグワンは前節で逆カンファレンスとの交流戦を終え、ここからは同一カンファレンスとの2巡目の対戦になる。前回の戦いから何を学び、チームがどう成長したかを示す5連戦

      • ブルーレヴズの一歩

        皆さんこんにちは! 日野剛志です。 先週末4月6日(土)は静岡ブルーレヴズにとって記念すべき日・試合になりました。 トピックは2つ! 矢富勇毅選手の150capブルーレヴズとなって初の3連勝 このふたつが同時に達成され、ブルーレヴズの歴史の1ページに刻まれました。 まずは矢富さんの150capですよ。39歳、リーグワンDiv.1最年長。 ヤマハ発動機ジュビロ時代からクラブの紆余曲折を知るレジェンド。 大怪我を何度も乗り越えての150試合は本当に凄すぎます。 チームと

        • 2023-24シーズン新規加入選手はどんな選手たちなのか!?

          Text by 大友信彦(静岡ブルーレヴズオフィシャルライター) Photo by 静岡ブルーレヴズ /谷本 結利(静岡ブルーレヴズ オフィシャルフォトグラファー) 3月28日、静岡ブルーレヴズ2024新規加入選手の入団会見が行われた。 新規加入選手といえば、昨年の今ごろ(よりも少し前)には、アーリーエントリーで入団したばかりのSO家村健太、WTB槇瑛人、両選手の活躍がレヴニスタの胸を躍らせていた。その1年前には、4月に加入したばかりのジョーンズリチャード剛がさっそくリーグ

        レヴシャツ2.0誕生秘話!【5月5日(日祝)最終戦来場者プレゼント先着12,000名にプレゼント!】

        マガジン

        • 今之浦スタッフだより
          15本
        • オフィシャルライター │ 大友信彦マガジン
          52本
        • 選手が綴る~日野剛志がみるブルーレヴズ
          14本
        • 山谷 拓志(やまや たかし)|静岡ブルーレヴズ 代表
          7本
        • 静岡ブルーレヴズ選手リクルート事務局
          3本

        記事

          「1ラウンドKO」トヨタVに、エコパで、大きな勝利!!~大友信彦観戦記 3/23 リーグワン2023-24 D1 R11 トヨタヴェルブリッツ戦 ~

          Text by 大友信彦(静岡ブルーレヴズオフィシャルライター) Photo by 静岡ブルーレヴズ /谷本 結利(静岡ブルーレヴズ オフィシャルフォトグラファー) ブルーレヴズが今季2度目の2連勝で5勝目をあげた。それも、リーグワンになって初めてのエコパでの勝利。そして、リーグワンになって初めての、同じ東海地区のライバル、世界のトップスターをズラリと並べたヴェルブリッツからの勝利だ。 さらに、前節終了時点の順位はレヴズの8位に対してヴェルブリッツは7位。順位を上げるために

          「1ラウンドKO」トヨタVに、エコパで、大きな勝利!!~大友信彦観戦記 3/23 リーグワン2023-24 D1 R11 トヨタヴェルブリッツ戦 ~

          声を枯らしたレヴニスタと共に迎えた勝利!~大友信彦観戦記 3/16 リーグワン2023-24 D1 R10 リコーブラックラムズ東京戦 ~

          Text by 大友信彦(静岡ブルーレヴズオフィシャルライター) Photo by 静岡ブルーレヴズ /谷本 結利(静岡ブルーレヴズ オフィシャルフォトグラファー) ブルーレヴズがトンネルを抜けた。 3月16日、春の陽気に包まれた秩父宮ラグビー場で迎えたブラックラムズ東京戦。レヴズは5つのトライをあげ、36-29で勝利。今季4勝目をあげた。 ブラックラムズはここまで2勝7敗。10位と順位は低迷中だが、上位チームとも接戦を演じている。個々のポテンシャルは高い。難敵だ。

          声を枯らしたレヴニスタと共に迎えた勝利!~大友信彦観戦記 3/16 リーグワン2023-24 D1 R10 リコーブラックラムズ東京戦 ~

          激しい身体の痛みと引き替えに得た、充実に満ちた笑顔!~大友信彦観戦記 3/2 クラブ創立40周年記念マッチ~

          Text by 大友信彦(静岡ブルーレヴズオフィシャルライター) Photo by 静岡ブルーレヴズ / 谷本 結利(静岡ブルーレヴズ オフィシャルフォトグラファー)/ 甲斐博之 3月2日、リーグワン第8節の埼玉パナソニックワイルドナイツ戦が行われたヤマハスタジアムに、オールドファンが泣いて喜びそうな懐かしい顔が集結した。 静岡ブルーレヴズが前身のそのまた前身、「ヤマハ発動機ラグビー同好会」として産声を上げてから40周年の記念試合、ヤマハ発動機ジュビロOB対ワイルドナイツ

          激しい身体の痛みと引き替えに得た、充実に満ちた笑顔!~大友信彦観戦記 3/2 クラブ創立40周年記念マッチ~

          苦しんだ分だけ学びがあり、また強くなれる。~大友信彦観戦記 3/9 リーグワン2023-24 D1 R9 横浜キヤノンイーグルス戦 ~

          Text by 大友信彦(静岡ブルーレヴズオフィシャルライター) Photo by 静岡ブルーレヴズ /谷本 結利(静岡ブルーレヴズ オフィシャルフォトグラファー) 3月9日、ブルーレヴズはリーグワンになって初めて九州での公式戦を迎えた。大分・レゾナックドーム大分での横浜キヤノンイーグルス戦。 ヤマハ発動機ジュビロ時代は2018年11月にカップ戦のサニックス戦を福岡レベスタで戦って以来5年4ヵ月ぶり、公式戦に限ると2017年9月のキヤノン戦を大分ドームで戦って以来6年半ぶり

          苦しんだ分だけ学びがあり、また強くなれる。~大友信彦観戦記 3/9 リーグワン2023-24 D1 R9 横浜キヤノンイーグルス戦 ~

          植木悠治が綴る~植木がみるブルーレヴズ~【特別編】

          こんにちは!日野剛志です。 選手が綴るブルーレヴズ【特別編】ということで、普段とは違いブルーレヴズの他のメンバーに綴ってもらいました。 今回は怪我のため長期離脱しており自身のリハビリを頑張りながらチームのために色々とアクションしてくれている 植木 悠治 選手から見たブルーレヴズ、普段知ることのできないリハビリ選手の活動、そして彼の想いを綴ってくれてますのでお楽しみください。 皆さんこんにちは 植木悠治です。 今回は私からみたレヴズの雰囲気や 怪我人の思いや、リハビリや練

          植木悠治が綴る~植木がみるブルーレヴズ~【特別編】

          Attitude

          態度・心構え・立ち振る舞い タイトルの「Attitude(アティチュード)」を調べるとこういった意味が出てきます。 今まさに自分に必要なのはこの言葉をグラウンドで体現することではないかと思っています。 現在静岡ブルーレヴズは3勝3敗からの2連敗 2試合ともセットプレーでの強みを発揮し切れず大量失点を喫しての負けでした。個人としてもタックルミスも多くセットプレーでも貢献できておらず歯がゆい気持ちです。 でも一番悔しいのは試合を観ている試合に出れないチームのメンバー/スタ

          悔しさにまみれた80分間。戦いはまだ半分残っている。~大友信彦観戦記 3/2 リーグワン2023-24 D1 R8 埼玉パナソニックワイルドナイツ戦 ~

          Text by 大友信彦(静岡ブルーレヴズオフィシャルライター) Photo by 静岡ブルーレヴズ /谷本 結利(静岡ブルーレヴズ オフィシャルフォトグラファー) 3月2日、リーグワン第8節。静岡ブルーレヴズは本拠地ヤマハスタジアムに全勝で首位を走る埼玉パナソニックワイルドナイツを迎えた。 昨季はヤマハスタジアムでのホスト戦で14-15と惜敗したが、熊谷でのビジター戦で44-25と大勝。リーグワン発足から続くワイルドナイツの連勝記録にストップをかけたことはレヴニスタのみな

          悔しさにまみれた80分間。戦いはまだ半分残っている。~大友信彦観戦記 3/2 リーグワン2023-24 D1 R8 埼玉パナソニックワイルドナイツ戦 ~

          悔やみ始めたらキリがないが、この1敗で何かが終わったわけではない。~大友信彦観戦記 2/24 リーグワン2023-24 D1 R7 三菱重工相模原ダイナボアーズ戦 ~

          Text by 大友信彦(静岡ブルーレヴズオフィシャルライター) Photo by 静岡ブルーレヴズ /谷本 結利(静岡ブルーレヴズ オフィシャルフォトグラファー) 2月24日(土)、リーグワンが再開した。 地元ヤマスタで花園ライナーズに大勝して5位に上昇してから4週間。昨季の上位4チームがクロスボーダーラグビーを戦う間、別府で強化合宿を行うなどリフレッシュとブラッシュアップに務めてきたブルーレヴズが、目標に掲げる4強入りに挑む後半戦最初の試合の相手は三菱重工相模原ダイナボ

          悔やみ始めたらキリがないが、この1敗で何かが終わったわけではない。~大友信彦観戦記 2/24 リーグワン2023-24 D1 R7 三菱重工相模原ダイナボアーズ戦 ~

          五郎丸歩「ラグビーって気持ちいいな」新たな歴史を刻む二試合を3月2日(土)に同日開催!

          Text by 大友信彦(静岡ブルーレヴズオフィシャルライター) Photo by 静岡ブルーレヴズ /谷本 結利(静岡ブルーレヴズ オフィシャルフォトグラファー) メインのゲームに負けないくらい魅力的だ。 3月2日(土)、ヤマハスタジアムで行われるリーグワン第8節、埼玉ワイルドナイツ戦に先立ち行われる 「クラブ創立40周年記念マッチ ヤマハ発動機ジュビロOBvsワイルドナイツOB」のことだ。 ヤマハ発動機ジュビロOBには先発メンバーに日本代表で活躍したPR髙木重保さん

          五郎丸歩「ラグビーって気持ちいいな」新たな歴史を刻む二試合を3月2日(土)に同日開催!

          山口楓斗 小さな身体に秘められた脅威のパワー。ディフェンス突破と個人トライで1位を取る!【インタビュー】

          Text by 大友信彦(静岡ブルーレヴズオフィシャルライター) Photo by 静岡ブルーレヴズ /谷本 結利(静岡ブルーレヴズ オフィシャルフォトグラファー) クロスボーダーラグビーの開催でシーズンの真ん中にぽっかり穴があいた今シーズン。クロスボーダーラグビーに出場しないチームのファンにとってはちょっとさみしい時間でもあったが……レヴニスタには密かな楽しみがあったはずだ。それはリーグワンの公式HPを覗くこと。「個人ランキング」の「その他」の項目を覗くと、「ボールキャリ

          山口楓斗 小さな身体に秘められた脅威のパワー。ディフェンス突破と個人トライで1位を取る!【インタビュー】

          進化の証明!過去最高の5位浮上!~大友信彦観戦記 1/27 リーグワン2023-24 D1 R6 花園近鉄ライナーズ戦 ~

          Text by 大友信彦(静岡ブルーレヴズオフィシャルライター) Photo by 静岡ブルーレヴズ /谷本 結利(静岡ブルーレヴズ オフィシャルフォトグラファー) 1月27日。ブルーレヴズは本拠地ヤマハスタジアムに花園ライナーズを迎えた。終了直前までリードを奪いながらラストプレーで逆転負けを喫したサンゴリアス戦から2週間。ブルーレヴズに、再びホームのヤマハスタジアムでの試合がやってきた。これもスケジュールの巡り合わせ。レヴズにとっては、2週前の悔しい逆転負けを払拭する、レ

          進化の証明!過去最高の5位浮上!~大友信彦観戦記 1/27 リーグワン2023-24 D1 R6 花園近鉄ライナーズ戦 ~

          勝点1。負けという現実にも、大きな成長を見せた一戦 ~大友信彦観戦記 1/13 リーグワン2023-24 D1 R5 東京サントリーサンゴリアス戦 ~

          Text by 大友信彦(静岡ブルーレヴズオフィシャルライター) Photo by 静岡ブルーレヴズ /谷本 結利(静岡ブルーレヴズ オフィシャルフォトグラファー) 1月13日。ブルーレヴズは本拠地ヤマハスタジアムに東京サントリーサンゴリアスを迎えた。2024年最初のホストゲーム。前節まで2連勝で2勝2敗。順位も過去最高の6位に上がってきた。この試合に勝てばリーグワン3年目で初めての3連勝、勝ち越し。藤井雄一郎新監督を迎えて飛躍を期すブルーレヴズが、新たなステージに足を踏み

          勝点1。負けという現実にも、大きな成長を見せた一戦 ~大友信彦観戦記 1/13 リーグワン2023-24 D1 R5 東京サントリーサンゴリアス戦 ~